© 2018 by meimei

About

両親から授かる一生の贈り物である「名前」は、

願いであり未来へ繋がるもの。

 

“meimei”の由来は、「命名」からきています。

全ての人やモノには名前があります。

授かった名前はその人を表すもの。

私達は、授かった名前を大切にして欲しいという想いから“meimei”をスタートさせました。

 

文字の書体は木簡といい、約3000年前のもの。

勢いがあり途中で切った様な線質が特徴で、

まだこの先も続くという意味があり、

これを人の未来と掛けました。

 

名前に意味を持たせ、授かり、大切にする事は人の文化です。

そして人は常に自然と共にあるということから、

花を添え、文字と1つにする事により、共存を表現しています。

 

絵画的で、アートの様に空間に溶け込む世界で一つの作品と、

世界で一つの命とその未来と、

いつまでも寄り添ってあげてください。